資格って言葉は妙に自信ありげに聞こえる…

半年前に隣に越してきたご夫婦、そこの奥さんがちょっと苦手です。
私より8歳下で、今は0歳の子どもがいるので専業主婦なんだそうですが、前は結構良い会社に勤めていたんだって。
産休じゃなくて辞めたそうなんだけど、色々資格があるから復職のことは心配していないそうです。

私は5歳と7歳の子どもがいるし、育児の相談とか乗ってたんだけど相談は最後には決まって自慢話になります。
私はパートで近所のドラッグストアで働いてるんだけど「パートだと不安じゃないですか?」とか言ってきます。
自分はもし旦那に何かあったり離婚ってなっても全然一人で育てて行ける自信あるけど、パートとかだったら無理じゃないですか、って。

資格あるから、ってよく言ってて一体どんな資格なのか知らないけど、資格の話をする時すごく自信ありげな感じ。
私、実は今医療事務の資格を取ろうと思って密かに勉強をしてるんだけど、その奥さんには話してません。
医療事務の資格試験を受けようと決めた時、周囲は応援してくれたし「良い資格だよ」って両親も賛成してくれました。
でも、その奥さん医療事務の資格とかをバカにしそうな感じです。

まぁ、でも人は人、私は私!
二人の子ども育ててパートだけど仕事もして家事もして、それに資格試験目指して勉強してるなんて私ってやるじゃん!
と思って頑張りたいですね。

大切なイベントでプロの動画撮影を依頼

自分や家族の中で非常に重要なイベントがいくつかあります。
子どもがいるのであれば、当然入園式、入学式、卒業式などは、決して撮影を失敗できない重要なイベントになります。
その他にも少し小さめなイベントとしたら、七五三などのイベントもあります。
こうした場面は、一生のうちに何度もあることではないため、動画撮影で失敗はできない瞬間です。

このような場面で張り切って撮影するのは、お父さんになるかもしれませんが、撮影後家族で見ようと思って再生してみると、結局撮れてなかったというような事があります。
撮影はできていたものの、撮影のレベルがひどすぎて、そのままみんなで鑑賞できるようなものではなかったという事もあります。
こうなってしまうと、せっかく撮影したビデオが、お父さんを責める機会になってしまい、さんざんな状態になってしまいます。

ですから、こうした本当に大切なEVENTの時には、プロの動画撮影を利用することもできます。
少し値段は高くなってしまいますが、大切な場面を最高の動画で記録することができます。
一度料金を調べてみると、思いのほかリーズナブルに撮影ができるかもしれませんね。

虫歯の治療はお早めに

虫歯になると多くの人が示す傾向はどのようなものでしょうか?
「まだまだ大丈夫だろう」という考え方です。
他の病気と異なり、虫歯はすぐに命にかかわるようなことは稀であるため、結局治療が後回しになってしまうことがよく見られます。
しかし虫歯の治療を遅らせることは、決して良いことではありません。

では治療を遅らせることで生じる問題には、どのようなものがあるのでしょうか?
第一に治療費が高額になってしまうということがあります。
虫歯の特徴には、放っておいても良くなることは一切ないということです。
他の病気などでは、病院に行かなくても自然と治るということが良くあります。
もちろんこれは体に備わっている自然治癒力によるものです。

しかしこの自然治癒力は、歯に対しては一切働かないため、治療をしないでいても、最終的には必ず治療をしなければなりません。
治療が遅くなると治療が難しくなり、治療費が高くなります。
ですから治療は早目にした方が良いでしょう。
次の問題は、先ほどの点と関係していますが、病状が必ず悪くなるということです。
治療をしないと歯を抜かなければならなくなる場合もあります。

税理士になるのはそんなに簡単じゃないよ!

現在、税理士として働いています。
最近、知り合いから「税理士って難しいの?」と聞かれることが増えました。
おそらく、僕が比較的時間に余裕のある生活をしており、それを見て、そんな生活がしてみたいと思っているのだと思います。
正直、税理士試験を始めて、3年くらいは日々を勉強に捧げていました。
この時点で3科目合格。
その後は就職して、仕事をしながら残りの2科目を取るつもりでした。
しかし、思いのほか仕事に時間を取られ、勉強時間は極端に減り、その後2年試験をパスすることができませんでした。
事務所の仕事にも慣れてきた2年目後半に勉強を強化し、数年後、何とか合格することができました。
自分の場合は仕事をしながら受かることができましたが、退社して勉強に専念する人も多いです。
この時点では、お給料も大したことはありません。
退社してしまおうと何度も悩み、余分なストレスでやられていました。
税理士としてそれらしい生活をできてるかなと実感できたのは、10年を超えたあたりです。
正直、強靭な精神力がなければやってられません。
ま、知り合いには、「やってやれないことはないよ!」って言ってますけどね。

相続税のこととかまったくわからないし!

こないだ友達から「親に遺言とかちゃんと書いてもらってる?」って聞かれました。
えぇっ?って思ったし、そんな親の最期とか具体的に想像できないし遺言なんて考えもしなかった…

だけど、その友達は去年にお父さんを亡くしたのでその時に相続に関して揉めたそうなんです。
遺言が無かったので、遺産に関して現金は全員相続したがったけど家に関しては誰も相続したがらず。
結構大きな家で、資産にするとかなりの額なので相続税が大変な金額になるから、だそうです。

売ればいいんだろうけど、なんとなくそれが故人の意志に反するんじゃないかと思うとなかなか売る決心もつかず。
遺言で、ちゃんと財産分与のこと書いてくれて、家も売ってそれぞれにお金を分配するとか書いてくれてたら良かったのって言ってました。

相続税の事とか全くわからなかったので、弁護士に相談してなんとか解決したそうです。
うち、遺産とかってあるのかそれすらもわからない…
だけど、そういう事もちゃんと親が元気なうちから考えておいた方がいいのかもしれないですね。
なんて話しを親にしたら「まだまだ生きるぞ」ってちょっと気を悪くされたけど(笑)

映像制作の仕事をしたいなら

映像制作の仕事といっても様々な職種があって自分のイメージしている仕事と同様の職種もあるかもしれません。

映像制作の仕事ではテレビやCMの制作と編集、WEBコンテンツやゲームやアニメの映像に関わる仕事などあります。

どの職種も実力主義の世界で苦労をすればするほどやりがいが感じられる仕事です。

自分が関わった映像が評価されて達成感を味わうことができる仕事というのはなかなかありません。

映像制作の仕事は大きく分けて2種類あり、制作系の仕事と技術系の仕事に分けられます。

制作系の仕事はアイデア力や時代を読み取る力が求められる仕事でクリエイティブなものが好きな人に向きます。

映像を制作するにあたっての計画や雑用、交渉予算管理など多岐にわたって映像を作るために環境を作っていったりします。

技術系の仕事では企画系のスタッフが考えたものを実際の形にしていきます。

音声やカメラマン、照明など実際に撮影に関する物から、ミキサーやスイッチャーなど機械を使って映像を整えていく仕事もあります。

映像を制作するのには多岐にわたって多くの職人が携わっています。

外壁塗装は費用のしっかり見積もろう

前日、家の近所の家が外壁の塗装をしていました。
それはそれは雑なもので、ミニスカート履いたヤンキー風の姉ちゃんが、屋根に乗って1人で塗装していました。
母屋のほうは、これまたヤンキー風の兄ちゃんが、ひとりで塗っています。
家の人にどこのメーカーかを聞いてみたら、驚くことに、我が家と同じメーカーだと言うのです。
そういえば、去年、我が家も外壁塗装しました。
その時は、何箇所か見積もりを取って、一括見積もりの上で選んだ業者でした。
作業は3人ほどのベテランっぽい方が来られて、手際よくやられました。
色々な質問にも答えてくれて、気になるところも全て教えてくれました。
まさか、同じ業者とは全く思いませんでした。
金額を聞いて、これまたビックリです。
塗装面積としては、どう考えても我が家の方が大きいのですが、向こうの方が1.5倍ほど金額が高かったんです。
なんでこんなことになったんだろうと思ってみたのですが、どうやら向こうは、我が家が行ったメーカー名を前に教えていて、直接電話をされたそうです。
ですから、どうやら来てる人も違うような気がします。
我が家が来た時は、隣の県から職人さんがやってきましたが、前の家の方は市内から来られているそうです。
でも、どう見てもアルバイト生なんですよね。
だって専門の人がミニスカートで屋根に登る?
ありえないですよね。
女の子に至っては全く作業するような格好ではありませんし、これで本当に納得できるのかしらね。
やっぱり、外壁塗装をする時はいくらご近所さんがやったとしても、費用の面を考えても一括見積もりで一旦見積もりを取り、どこかと比較してるんだよとわかってもらったほうがいいような気がしますよね。
前の家がきれいに塗装できるといいなと思います。

虫歯治療に通う

今まで歯医者なんて大嫌いだった娘が急に虫歯治療に通うことにすると言い始めました。
そもそも虫歯なんてなような気もするのですが、とりあえず歯科検診に行って、虫歯が見つかれば虫歯治療に通うことにすると言うことのようです。
すでにどこの歯医者に行くかっていうのも決めていて、歯科検診の日程も決めてきているようでした。
何か理由があってと言うことだと思うのですか、自分から言わないので聞いてみるとその歯医者は自分が好きな男の子のお父さんが経営している歯医者と言うことのようです。
そんな単純な理由だけで歯医者に通うなんて今まで頑なにいかなかったのは何だったんだろうと笑ってしまいます。
そこまで好きな男の子と言う力は大きいのだと感心してしまいました。
そんなこと言われると、どんな家庭なのか知りたくなるので私もそこの歯医者に通ってみようかななんて思ってしまいます。
娘に断固拒否をされましたけどね。私がいくことを許されないのであれば、次女を連れて行くことにしようと考えています。
娘が好きな男の子っていうのもすごく気になりますからね。
もしかしたら将来の娘婿になるかもしれないですしね。
なんだか歯医者に行くのがとても楽しくなってきました。

ピザの食べ放題で安いお店

今、気になっているのが、ピザの食べ放題。
ピザはお腹に溜まっちゃうからあんまり食べれないし、食べ放題でも損な感じがするって言われるんですが…。
でも、ピザ好きなんですよね。
ピザ自体、ある程度人数がいないと食べれないし、一度にたくさんの種類を食べるってなかなかできないじゃないですか。
安さで選ぶなら、やっぱりシェーキーズ。
これ、学生のころ行ったことあるなー。
でも、私の家の近くでは見ないな。
平日のランチタイムなら1,000円以下らしいです。
やっぱりそれなりの人数で行かないと、あんまり食べられないみたいですね。
ピッツェリア馬車道も、結構リーズナブルみたいです。
味もおいしいと評判。
焼き立てを店員さんが持ってきてくれるお店ですね。
やっぱり安ければピザも食べ放題もありなんじゃないかな。
パスタも食べれるし。
肥満への道まっしぐらな感じですが。
調べてみると、窯焼きピザが食べれる食べ放題のお店も結構安くてあるみたい。
制限時間なしのお店も!
営業の仕事してたとき、昼休憩でグラッチェとか入ることはあったんですけど、仕事中だと食べ放題って気分にはならないんですよね。
今度の休みにゆっくり行きたいな。

恵比寿の整体には通っている

相変わらず肩が痛い毎日が続いている。
なんだかんだ言いつつも、やっぱり私の仕事はデスクワークなわけであって、ずっと同じ姿勢のままでパソコンをカチャカチャやってれば、そりゃあ肩もこるというものだろう。
それにしたって、その肩の痛さがいつの間にか頭にまで波及するのだから、なんともやっていられない。
恵比寿の整体にはかなり長い間お世話になっているのだけれど、いかんせんそれでもよくなるのが数日だけというのも辛いところである。
どちらかと言えば、私の場合は運動不足というところももしかしたらあるのかもしれないと最近は考え始めて、早起きしてウォーキングなんかしちゃったりして悦に浸っていたのだけれど、それだけでよくなれば誰も苦労はしないというのが正直なところである。
私だって、できることならば肩のこりの部分にぶっとい針でも刺して、そのこりとやらをパツンと破裂させてやりたいくらいの気持ちでいるのだが、そんな簡単に治るほど、肩こりというのは甘いものではないらしい。
むしろ、なんで肩がこるのかということは解明されていないというから、そりゃあ治らないわけだ。