南アフリカ共和国留学は、大人に人気

南アフリカは、イギリスの植民地から1961年に共和国として独立しました。
南アフリカの言語は、ズールー語やアフリカーン語など11もの公用語がある国ですが、イギリスの植民地だったこともあり英語が共通語になっています。
留学生を受け入れている地域は、ケープタウンやヨハネスブルクなど比較的大きな都市です。
人気があるのは、南アフリカ第二の都市のケープタウンで、マザーシティとも呼ばれています。
湾岸地域にショッピング街や映画館などが立ち並んでいるエリア一帯に、語学学校もあります。
時差があまりないという理由から、ヨーロッパからの留学生が多いそうです。
おすすめの語学学校は、ケープ・スタディーズ・ランゲージ・スクールで、1クラス8人の少人数となっています。
ビジネス向きの留学もあり、グッド・ホープ・スタディーズでは、電話応対やプレゼンテーションの書類を書いたりするビジネスで役立つコースが用意されています。
語学教師の家にホームステイして、マンツーマンで英語を教えてもらうこともでき、短期間で英語が勉強できるとシニア世代にも人気があるようです。